お肌のことを知ろう Part5

2020年01月26日 07:00
カテゴリ:美容 健康


Cha cha Girls の あやかです(o^^o)

この度 ブログのタイトルをリニューアル致しました!
その名も、
『 社交ダンスアイドルから学ぶ!究極の 美学講座 ♪ 』
です☆彡

リニューアルのポイントとしてはやはり、
究極の美を 私も常日頃研究しています。

そんな私からしかお教えできないようなことも
織り交ぜられるように。

また、アイドルから学ぶ!
という言葉にアイドルから美容を学ぶって
どこまでの内容なの?と
興味を持っていただければと思いました(*´-`)


リニューアルしたブログも是非お楽しみに*\(^o^)/*



さてそれでは早速,内容は前回からの続き
第7講目です☆彡


前回は クレンジング と 洗顔 の
それぞれの役割についてご紹介致しました。


本日は その クレンジング と 洗顔 の
正しい方法についてご紹介致します(*´-`)



美容について敏感な方でしたら、
気をつけてらっしゃることでは
あるかもしれないのですが
意外と これが良い!と思っていても
肌はそれ以上に繊細で敏感であったりします。

皆様は、クレンジングや洗顔
どのくらいの強さで行なっていますか?


ご自身にとっては優しいタッチであっても、
何故か赤くなったりする。
なんてことないでしょうか(~_~;)


理想的な強さや方法は 簡単に例えますと


* クレンジングは ( クリームクレンジング など
を加えなくても良いようなものが理想です ) は
汚れを浮かす程度にし、
指の力はほぼ加えなくとも
スルスルと滑らせられるようなくらいが理想です。


* 洗顔フォームは、しっかりとキメの細かい泡を
立ててなるべく肌に手は触れずに泡だけの力で
肌を優しく洗える程度が理想です。


どうでしょう?
今の皆様の方法と同じでしたか?


当たり前のように知っているような
この洗顔方法も、普段の方法でやってみて下さい。
とお伝えして見てみると
案外 理想の強さより強く行なってしまいがち。
というのを多く目にしました。



洗顔は大切ですが、その分肌に1番近く触れるため
負担も大きいです。
ですから、
本当に繊細なタッチと
肌を優しくいたわるようにしてあげることが
必要です(=´∀`)人(´∀`=)


また、先程もチラッと載せましたが
クレンジング は クリームタイプなど
汚れと同化しスルスル~と
滑りが良くなるようなものが1番理想的です。

クリーム と聞くと 洗い上がりがベタつくことを
想像し避けてしまいがちですが、
だからこそ その後の洗顔で
しっかりと肌を包み込むようにして
洗い流してあげることが大切です。


W 洗顔! やはり必須ですね(*´-`)


洗顔フォーム も
泡を立てることは基本的に皆さんされているかと
思うのですが、
どれくらいのきめ細かい泡を作れているか。
もとても大切です。
 結構面倒な作業だったりしますが、
重要なんですよ☆彡


簡単に例えるなら、
片手に泡を持ちそれを逆さにして
揺らしたりしても落ちないくらいの
しっかりとした泡が1番理想かと思います(*´-`)


肌に触れさせた時にもフニャッとせずに、
しっかりと手と肌の間で弾力を保てると
良いですね(*´-`)


ご自分で 水分と洗顔フォームのバランスを調節し、
泡立ててみて下さい☆彡




と、こんな感じで簡単にではありましたが
クレンジング と 洗顔 の
しっかりとした!正しく綺麗にできる
方法のご紹介でした☆彡



これは 女性はもちろん
男性も毎日必ず行なっているはずですから、
是非いつもの洗顔より
優しくじっくり洗うよう
心掛けてみてくださいね(o^^o)



それでは本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました♪


第8講目もお楽しみに~( ´ ▽ ` )ノ



講師
Cha cha Girls あやか

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)