紫外線対策

2020年03月06日 07:00
カテゴリ:美容 健康

Cha cha Girls のあやかです(o^^o)

『社交ダンスアイドルから学ぶ!
究極の 美学講座♪』第13講目!


本日のテーマは
【 お肌のことを知ろう♪ 】
番外編! です☆彡

前回どんな内容だったか
覚えてますか~?^_^


今回は もうすぐやってくる!
“ 紫外線 ” のことについて
お話していきたいと思います。


質問ですが、 みらい さん。
日焼け止めって、
いつも塗っていますか?

今では UVカット機能 のついた
下地なんかをよく見かけますね。


でも!
この話、スキンケアの方でも
したかもしれせんが。

1本にまとまれば、確かに楽ですし
お財布にも優しいです。
でも 効果は...?
確実ではない!ということです。


それから。
SPF ○○ という数値やPA +++ と
日焼け止めに記載されていると思います。

でもそれ、高いからといってつかすぎると、
かえってお肌にダメージの可能性があります!

まず こちらの数値の意味というのは
しっかりご理解されているでしょうか?


* SPF とは..
Sun Protection Factor
[ サン プロテクション ファクター ] の略で
シミやそばかす などの原因となる
紫外線 〈B波〉 から守ってくれる力を
示しています。

大体 20分程度の目安となり、
例えば40 という値であれば
20×40 = 800 分 もの間
紫外線から 守ってくれる。
というわけです。

要は 時間 が主体ですね。
長時間 太陽の光を浴びる日は
SPF の高いものを使用するといいですが、

ちょっと出かけるだとかそういう際には
肌の負担を避けるためにも、
SPFの低い数値を使うなどの工夫が
必要ということになります。


一方...


*PA とは... ※ 意外と見逃しがちな方です!

プロテクション グレイド オブ UVA
 [ Protection Grade of UVA ] の略で

皮膚を黒くしてしまうことからだけでなく、
シワやたるみの原因になる 紫外線 〈A波〉から
守ってくれる値を示しています。

値の見方としては + が多ければ多いほど
防止効果が高いということですね。

こちらも同様に少し外に出かける程度でしたら
高い数値を使う必要はないかと思います。


そしてPA の値は わかる通り、
アンチエイジング の効果を表していますね。
シワや たるみ は 年齢が最も出てしまう部分です。

エイジングケアを考えている方でしたら、
しっかりとPA の値を見ると良いと思います。



どうでしょう?
なんとなく、分かっていても
ここまで違いがあること しっかりご存知でしたか?

また、こんなに沢山言われても
覚えられないよぉ~(><) と思った、あなた!

私から簡単にこの2つの違いの
覚えやすい方法をお教えします♪


この2つには “ 波 ” というのがありましたね。
そう、 〈 B波 〉と 〈 A波 〉 です。
ここから、2つの違いを簡単に覚えられる方法が
あるんですよ☆彡


まず、この B 。

横にひっくり返った状態を思い浮かべてください。
サングラスのような形になったら正解です。

そこがお肌の表面だと思ってください。
B波 は シミやそばかす から守ってくれる値でした。
ということは お肌の表面の部分に
ダメージがあると考えられます。

ですから、B をひっくり返したように
お肌に対して浅くダメージを与える 紫外線 であります。


そして A

これを ∀ のようにひっくり返してかんがえます。
A波 は エイジングの元になる 波で
お肌に対して深くダメージを与えてしまうものです。

この ∀ がお肌の中に対しての絵だと考えてもらうと
紫外線がグッと中に入り込んでる絵のように
考えてもらえると分かるかと思います。


どうでしょう?!
言葉で説明すると、
少し難しかったでしょうか( ;∀;)


でもこれ、すごく分かりやすい例なので
もし覚えられた方は覚えてみて下さいね☆彡



と、こんな感じで 夏に向けた
紫外線対策 についての
お話でした*\(^o^)/*


それでは本日の講座はここまで!
次回もお楽しみに~♪



講師
Cha cha Girls あやか

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)