[留学]学校で役立つ英語特集!

2020年01月24日 07:00
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の
“Let’s speak English!!”

今日のテーマは[留学向け]
「学校で役立つ英語特集!」です。


私は高校二年生の時に、
アメリカに一年留学したことがあります。
そこで今回は、
アメリカの高校に通っていた時
覚えていてよかったと思う、
役に立つ英語をいくつか紹介します。



[何をすればいいのかわからないとき・・・。]

最初の一週間はとにかく授業についていけず、
先生が口頭で全体に授業内容を説明したあと、
毎回先生に「もう一度教えてください。」
と言いに行っていました。


そんな時役立った英語は
“I don’t know what to do.”
(何をすればいいのかわからない)です。

同じ意味を持つ 
‘‘What should I do?”
(私は何をすればいいの?)も使います。

“What should I do?” は授業に限らず、
だれかのお手伝いをするときなどにも
使えるのでとても便利です!



[友達に英単語の意味を訪ねたいとき・・・。]

とっていた理科の授業に出てくる英単語が
とにかく難しくて苦労しました。
教科によってとても難しい専門用語などが
出てきたときは友達に聞くことを
お勧めします。

そのほうが友達作りのきっかけになるし、
自分が英語が話せないことを
周りに教えることで
何かあったときに助けてくれます!


そんな時役立ったのは 
“What does this mean?”
(これどういう意味?)です。


他にも、
英単語を何と読めばいいのか
わからない場合は 
“How do you pronounce it??”
(これどういう風に読むの?)
と聞くと教えてくれます!



[一緒にランチを食べたいとき・・・。]

登校初日は友達が一人もいなくて、
一人でご飯を食べる日々が一週間続きました。
しかしせっかく憧れの土地に来たのだから、
アメリカでたくさん友達を作りたい!
と思いました。


そんな時役立ったのは 
“Can I join you guys?”
(一緒にご飯食べていい?)です。

このフレーズは、
グループワークをする時や
遊びに行きたい時などにも使えます!


アメリカは自分からアクションを起こさないと、
誰も声をかけてくれないので
自分がアメリカンになったつもりで
フレンドリーに話しかけてみましょう!


これらのフレーズは日常会話でも使えるので、
留学以外にも日常会話として
使ってみてくださいね!


今日の「使える英語」は 
“Have a good day” です!


アメリカ人が挨拶で必ずいう
“Have a good day”
(いい一日を過ごしてください)は
自分から言ってみると、
とてもうれしい気持ちになるので
是非言ってみてくださいね!!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)