聞こえた英語をとにかく真似てみよう!

2020年02月07日 07:00
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の
 “Let’s speak English!!”

今日のテーマは
「聞こえた英語をとにかく真似てみよう!」です。


皆さんは英語を声に出して読むときに、
どのようにして読みますか?

もし、外国人の発音を真似して
読んでいるのであればGreat!!

また、カタカナ英語で話している方は
 今日を期に「ネイティブ発音」で
英語を話してみてください!


ポイントは
「日本語の音と英語の音は全く別物」と
認識することです。


たまに、辞書などに英単語の発音が
カタカナで表記されているものがありますが、
それはあまり正しいものではありません。

一番確実にネイティブの発音に近づけるには、
発音記号をみずに音をひたすら真似ることです!

そうすることで、
自分が発音しているものを耳が覚えて、
相手が英語を話した時に
何を言っているのか理解しやすくなります。


ちなみに発音をよりよくする方法として、
一番適しているのは
「洋楽を聞いて一緒に歌う!」です。

曲を何度も聞いているうちに、
耳がその単語の音を覚えて、
いつの間にか頭の中で
英文が浮かび上がってきます。

また、一緒に歌うことで
口も英語に慣れてきます。


なので皆さん!
今日からカタカナ英語はやめて、
ネイティブになったつもりで
発音してみてくださいね!!



今日の「使える英単語」は cheat です!

Cheat には主に二種類の意味があります。
一つ目は「ずるをする」です。

英語のテストを受けるときなどに 
“You are not allowed to look atsomeone’s answer.
That’s cheating.”

(他の人の答えをみてはいけません。
それはカンニングになります。)と
注意を促すときに使います。

また、カードゲームなどで遊んでいるときに
誰かがずるをしたときに 
“That’s cheating!” (あー!ずるした!!)といいます。


そして、もうひとつの意味は
「浮気をする」です。

“Her boyfriend was cheating on her.”
(あの子の彼氏浮気してたんだって。)

恋愛ものの海外ドラマのセリフに
出てきたりするので注目してみてください!


See you in next class!!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)