形容詞は感情と一緒に覚えよう!

2020年02月15日 07:30
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の

“Let’s speak English!!”
今日のテーマは
「形容詞は感情と一緒に覚えよう!」です。


外国人が自分のことを表現するうえで
いつも大切にしているのは
「感情」です。


一番最初に私たちが習う英語 
‘‘How are you?”(お元気ですか?)は
お互いの体調や気持ちを確認するために
言っている挨拶です。


そして、形容詞とは
「Happy(幸せ), Sad,(悲しい),
Excited(わくわくする)」など
自分の気持ちを表す言葉です。



ポイントは!
形容詞は文字で「Happy=幸せ」と
日本語と英語を結びつけるのではなく、
日本語を一度忘れて
「英語=自分の気持ち」という風に
「心で覚える」ことが大切です。


そうすることで、
英語で話しているときに
頭で考えなくても自然と
英語で自分の気持ちを表現できるようになります!



例えば、映画を見ているときや本を読んでいるとき、
物語が進むたびに主人公と同じように喜んだり、
悲しんで泣いたりと感情が動きますよね。


その時に心の中で「I’m happy」や「I’m sad」と
言ってみるといいと思います!



私がアメリカ留学中にとっていた
Acting(演劇)の授業で、
期末テストとしてみんなで一つの劇を作りました。

しかし、英語が全く分からなかった私は
英語でセリフを覚えるのにとても苦労しました。

そこで、物語が進むごとに
自分の役の感情がどのように動いているのかに
注目しました。

「自分がうれしいと思っているときに
ネガティブな発言はしない」
セリフはあくまで感情から生まれるもの」
そう意識することでセリフが覚えやすくなりました!


自分が子供のころに日本語を覚えたように
英語も覚えることをお勧めします。



今日の「使える英単語」は
 “How are you??”に対しての答え方です!


日本の学校で習う答え方は
”I’m fine, thank you! And you?”
(元気です!あなたは?)
が一番多いのではないでしょうか?


しかし、ネイティブの方はこのような答え方をしません!


一般的な答え方としては
“I’m good! How are you?”
(元気です!あなたは?)が
自然な言い方です。


他に
すごく調子がいいとき→
”Great!!”(すごくいいよ!)や
”Fantastic!!” (最高だね!)


疲れているとき・眠たいとき→
”Tired”(つかれた)や
”Exhausting” (すっごく疲れた)


お腹がすいているとき→
”Hungry”(お腹すいた) や
”Starving”(すっごくお腹すいた)


ということができます!ぜひ使ってみてくださいね!!


See you in next class!!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)