Writing力up術

2020年03月05日 07:00
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の
“Let’s speak English!!”


今日のテーマは
「Writing力を上げる方法」です。


英語の4技能の中で
あまり学校で習うことがないWriting。

しかし、最近では
元々リーディングとリスニングのみだった
英語技能検定でも
一次試験にWriting セクションが追加されたり、
TOEICでSpeakingとWriting
専用のテストができるなど、
Writing力も求められることが
増えてきました。

しかし、Writing は
意識して勉強しないとなかなか上達しません。


そこで今回私が自分自身が
Writing力をどのようにしてあげたのかを
ご紹介します!


1)友達同士で英語でメッセージのやり取りをする。

日本人同士でもネイティブの方でもかまいません。
また、最初は文法の間違いなども気にしないで、
日本語で会話をするような形で行ってみて下さい。

続けているうちに頭の中で英文を作ることに
慣れてきます。
また、相手の英文を読むスピードも上がるため
Reading力も同時に高めることができます。


2)英語で日記をつける。

その日あった出来事などを
英語で書いてみましょう!
これも誰かとメッセージのやり取りをするのと
同じように、
やっているうちにだんだんと慣れてきます。
また、日記の場合
昔の自分の英語力を見返すことができるので、
成長を確認できます。

私自身、アメリカに留学していたころに
英語で日記をつけていました。
最初のころは短い文で簡潔にまとめられすぎていて、
その日の出来事を細かく書けるほどの
英語力はありませんでしたが、

帰国直前には
日本語で書いているのと
変わらないくらいまでになりました。
これは、毎日続けることで
少しづつ確実に自分の力になります!



今日の「使える英語」は Passionate です!

名詞形のPassion は「情熱」
という意味なのですが、
とても面白い使い方をされることがあります。

初めてあった人に趣味を聞くときに
日本人はストレートに

「What is your hobby?」(趣味は何ですか?)
と聞くことが多いです。
しかし、ネイティブの方は
あまりこの表現を使いません。


外国の方がよくいうのは
「What are you passionate about?」です。

直訳すると
「あなたは何に対して情熱を傾けていますか?」
という意味になりますが、
趣味や好きなことを聞くときに使われます。


日本語とは違う言い回しで面白いですよね!
ぜひ使ってみてください!!


See you in next class!!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)