英検合格法!二次試験編

2020年03月19日 07:00
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の
 “Let’s speak English!!”


今日のテーマは
「英検合格法!二次試験編」です!

前回は英語技能検定の一次試験突破術の
続きです。


今回は英検二次試験の
合格方法についてお話します。


二次試験の主な内容は「Speaking」です。

このSpeakingテストは、
試験管と受験者のふたりで行われます。

級によって試験内容が若干異なってくるので、
今回は私が持っている英検の中で
一番難しい準1級のSpeakingテストについて
説明します。



英検準一級の流れは
「簡単な挨拶→4コマ漫画の説明→
質問4つ(イラストに関する質問一つ)」です。


1.簡単な挨拶

面接室に入室したらまず、挨拶をしましょう。
そのあと自己紹介なども含め、
面接官と簡単な会話をします。

この会話では、テストの「アティチュード点(態度点)」を
取ることができるので
元気よく面接官とお話ししましょう。


2.4コマ漫画

まず、面接官から1枚のカードを受け取ります。
このカードには4コマのイラストが
描かれています。

面接官から「1分で絵に合うストーリーを考えて」と
指示があります。

そのあと2分でストーリーを説明します。
ここで重要なのは「細かく説明する」ことです。

「場所、人、何をしているのか」そして
「この時登場人物は何を思ったのか」まで
説明できるといいでしょう。

また、コマをつなぐ言葉「Then、After、2Days ago」
どもいなえるようにしましょう。

読み終わったら、
面接官から4コマの中の1つの絵に関して
質問されます。
答え方はなんでもいいですが、
2文以上はいうようにしましょう。


3.質問

この質問は面接官から口頭で言われます。
質問内容は受験者自身の意見を求めるものです。

「社会問題から環境問題」まで幅広く質問されるので
準備方法としては
「ニュース・新聞をよく読み、
日頃から自分の意見をまとめる練習」をしましょう!


特別難しい単語は使わなくても大丈夫です。
間違えてもいいので、
焦らず時間を取りながら自分の意見を言いましょう。

一次試験とは違い、審査をする相手は人間なので
「あきらめずに最後まで伝える」ことが大切です!



今日の「使える英語」は 
Could you say that again? です。

意味は「もう一度おっしゃってくれますか?」です!

英語の意味が分からなかった場合、
わからなかったことをきちんと説明してもらい 
もう度言ってもらいましょう!!


See you next class!!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)