自分に合う!教科書選び!

2020年05月07日 07:00
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の
“Let’s speak English!!” 今日のテーマは
「教科書選び!」です。


今回は、前回お話しした
「自分に合う!英語勉強法!」の中の
語学レベルと目的の応用編である
「教科書選び」のコツをご紹介します。



1)学習者の目的に合った教材

英語を勉強したい!とは言っても、
「四技能をレベルアップしたい」
「読めるようになればいい」
「英検合格」
「ネイティブと話したい」・・・など
目的は様々ですよね。


英語の教材も同じように、
様々なジャンルのものがあります。


例えば「読み・書きはやらなくていいから
スピーキングを徹底的に学びたい!」
という人には

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」や
「絵で見てパッという英会話トレーニング」など 
Speaking を重視している教材がおすすめです。



逆に「学校のテストや受験・資格取得のために
英文法を勉強したい!」という方には

「Forest」や「0から始める英文法」など 
英文法のすべてが解説されているような教材が
おすすめです。




2)自分が飽きないような教材

こちらは「教材の内容」というよりも
「学習者自身の性格にあうもの」の選び方です。

(もちろん内容に関しては(1)で説明したように、
あなたの目的にあったものを選ぶことが前提です。)


ひとえに「Speaking に特化した教材」といっても、
教科書の中身は文字ばかりのものや、
漫画形式になっているものまでたくさんあります。


もし活字が好きであれば
「中身が文字ばかりの教科書」が、
また、絵があるほうがわかりやすいのであれば
「絵がついた教科書」がいいと思います!



たくさんの素晴らしい教材があるので、
ご自身が「楽しい!」と思えるようなものを
見つけて英語学習を楽しくしてくださいね!




今日の「使える英語」は 

Is that for a real?

意味は「それって本当なの?」です。


私たちがよく使っている「Really ?」は
どちらかというとカジュアルなもので、
気軽に使えます。

「Is that for a real?」の場合、
びっくりする度合いが大きく、
シリアスな場面でも使われます。


ぜひ使ってみてくださいね!!



See you in next class!!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)