留学で経験したこと。パート1

2020年05月14日 07:00
カテゴリ:英語レッスン

Cha cha Girls ゆうな の
“Let’s speak English!!”
今日のテーマは

「私が留学で経験したこと」です。


今までの「英語学習に役立つ」ものとは
少し変えて、
私が留学先で体験したことや
苦労したことなどについてお話しします。

(一年の濃厚な素晴らしい時間を語り切れないので、
今回はアメリカに行ってからの
初めの3週間についてお話します!
もしリクエストがあれば、
今後も少しずつこういった記事を
増やしていこうかなと思います!)


私がアメリカ1年留学に行ったのは
高校二年生の時です。


最初の3週間は研修があり、
ほかの日本人留学生と一緒に
アメリカの学生さんに手伝ってもらいながら
英語を勉強していました。


ホストファミリーにも恵まれ、
本当に毎日とても楽しかったです。

しかし、時には 英語が話せないことに
イラついて一人部屋にこもっていたら、
ホストマザーに心配されてしまうようなことや、
ホストファミリーとの距離の縮め方がわからずに
「もっと仲良くしたいのに」
と思うことがたくさんありました。


そんな時、
言葉にできなくてもこの思いを伝えたかったので
折り紙や筆ペンなどを使って
メッセージカードを作ったり、
アニメの絵をかいてあげたりしました。

とても喜んでくれて、
それから少しずつ自分から話しかけるようになりました。

一緒にご飯を食べたり、
買い物に連れて行ってもらったり、
映画をみたり、本当に素敵な家族が
アメリカにもできてとてもうれしかったです。


Goodbye party(お別れ会)では、
今までの感謝の気持ちをこめて
歌ったり踊ったりゲームをしました。

レミオロメンの「3月9日」をうたった後、
留学生全員感極まって泣いてしまい
それぞれのホストファミリーに
抱き着きに行ったのをよく覚えています。


3週間という短い中で、
私のことを知ろうとしてくれて、家族として接してくれて、
本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。


今まで私は引っ越しなどをしたことがなく、
いつまでも大切な人は当たり前のように
そばにいると思っていましたが、
留学を経験して
「とても素敵な出会いがあり、
だけど離れないといけない状況」を
たっっっっっくさん経験しました。


ただ、時間が決まっていても、
時間が短かったとしても、
留学先で出会った大好きなみんなのことは
ずっと覚えていますし、また絶対会いに行きます。


留学を終えてから、
人のことについてもっと知りたいし、
自分のことも知ってほしいと思うようになり、
今では初対面でも知らない人でも話しかけてしまいます!


ですが、自分の人生の中で出会える人は
そう多くはないと思っているので、
だからこそ、一期一会を大切にしたいと思います。

大切な人を大切に、
そして素敵な出会いを大切にしてくださいね!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)